コラム

愛知戦国サッカー

2022年1月3日

  1. HOME >
  2. コラム >

愛知戦国サッカー

2022年1月3日

LYFT

第100回全国高校サッカー選手権、愛知県代表は中部大第一

県3部からの出場だ。

1部校を次々と破り全国の切符を掴んだ。まさにジャイキリ。

愛知のサッカーは面白い。

中京大中京、東海学園、東邦の時代が20年ばかし続いたが、ここに来て群雄割拠の様相を呈してきた。

2015年以来毎年代表校が入れ替わる。

90回大会、中京大中京がベスト8で終わったが、96回大会以降は初戦敗退が続いている。

愛知はサッカーが不人気なわけではない。

ジュニアユースはフットサルも含め、全国でも優勝を狙えるレベルにある。

レベルの高い選手達の他県への流出、受け入れる高校側の環境面の問題等、全国で闘う為の課題は山積しているが、それはこの際置いといて、子供たちの夢、「全国へ行く」、ということだけ考えれば愛知の高校サッカーは他県にはない面白さがある。

要はどの高校が勝ってもおかしくない、ということだ。

愛知戦国時代を迎え、どの高校でもチャンスは狙える。

そういった意味で他県にはない面白さ、ワクワク感はある。

高校へ上がってもサッカーを続けようと思っているキミ達!

熱い心を持って全国を目指して欲しい。

サッカーを楽しんで欲しい。

そしていつの日か!

-コラム